お腹

価格

脂肪溶解注射は、脂肪吸引よりも安全性が高く、施術も短時間で済むので、手軽に脂肪を落とす事ができます。
注射だけという簡単な作業ですが、注射に含まれている薬剤には、脂肪細胞を溶かす、脂肪を燃焼させる、痛みを感じなくさせるといった様々な薬剤が含まれているので、注射1本打つだけでも費用がそれなりにかかってしまいます。
ボディーライン全体を整えたいのであれば、5回~6回は美容外科に通い、脂肪溶解注射を打つ必要があるので、費用も高くなります。
また、脂肪溶解注射は注入する部分によって費用が変わるので、施術を受ける前は美容外科のホームページなどでよく確認をし、料金設定を細かく把握しておく事が必要です。… Read more

理想のウエスト

薬剤

脂肪溶解注射で使用されている薬剤は、美容外科によって異なります。
一般的に使用されている薬剤は、「フォスファチジルコリン」という成分で、大豆に含まれているレチシンというアミノ酸かた作られています。
このフォスファチジルコリンは、脂肪を乳化させて溶かす働きをします。
フォスファチジルコリンは、脂肪溶解注射だけではなく、生活習慣病を改善させるサプリメントや、ダイエットのサプリメントなどでも多く使用されています。… Read more

細くなる

術後

美容外科の脂肪溶解注射は、注射を打つだけで脂肪細胞を溶かしてくれます。
安全性は高いですが、脂肪細胞を溶かすという作業になるので、術後はちょっとした副作用が出てきます。… Read more

注射

内容

脂肪溶解注射は、一度に注入できる薬剤の量が決められています。
そのため、理想のボディーラインに近づく為には、何度か美容外科に通って注射を打つ必要があります。
美容外科に通う回数は、どのくらい脂肪を溶かすかによって変わります。痩せたい部分が多いと、その分美容外科に通う回数も多くなります。… Read more